上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も残すところ1日

今年の鮎釣りの総括でもして、1年を締めくくろうと思います。

表

上記の表のような感じです。
30日行けたと思っていたんですが、1日足りず・・・

目標としていた500匹にも届きませんでした。

川ごとに見ていくと、1日あたりの漁獲量でみていくとやはり長良川(郡上)でした。しかし、CPUE(Catch Per Unit Effort)で見ると大内山がトップになります。

別に大内山川が得意というわけではなく、釣れる時期にしか行かなかったところが大きく、小河川+渇水が苦手だと実感したのもこの川でした。


長良川(郡上)

今年は一番通いました。
特に今年はいろいろなポイントに入るのではなく、比較的同じポイントで色々なことを試すことが多かったです。
今年は遡上もあまり多いとは言えず、また郡上の種苗の質が悪いのか、稚魚放流の鮎はデップリとした鮎が多く、あまり引かなかった印象が大きかったです。
また、オモリを使った引き釣りでは、なかなか釣果に結びつかず、糸を張らず緩めずのゼロオバセでの釣りで、一点にしばらく止めておくとよく掛かりました。
しかし、条件が合った時には美並で海産遡上と思われる綺麗な鮎がかかる時もありました。

長良川ぐらいの大河川になるといくら放流したところで、やはり遡上頼りなところが大きく、来シーズンは遡上数が増えることを願うばかりです。


板取川

ジャパンカップの予選で一度竿を出しただけなのでよくわかりません。



大内山川

家から近いこともあり、初期に何度か通いました。
解禁の頃は、静岡産の種苗の性格がモロにでていたのか、日が昇り水温が上がってくると狂ったように瀬で追いました。
しかし、やはり小河川は性に合わず、渇水になってからは行かなくなりました。
たぶん来年は行かないと思います。


球磨川

今年の鮎釣りで最も記憶に残った釣行でした。
球磨川は今年は鮎が少なく、地元のベテランでも2ケタ釣れるかという状況で、遠征の人たちはボーズくらう人も沢山いました。
魚は本州の鮎とは別物で、3号ハリスが飛ばされたり、衝撃の連続でした。
1瀬1人でのんびり釣りができるポイントも多く、本来の鮎釣りの楽しさを味わうことが出来ました。
憧れの「龍花の瀬」で尺鮎が獲れたのは、一生の思い出です。
時間を見つけて、もう一度チャレンジしたいと思います。


矢部川

フツーの小河川で釣れる魚は尺!そんな川です。
9mの竿で十分で、とりあえず尺が釣りたいならこっちの川のほうが確立は高いと思います。




釣果解析
漁獲量
本当は河川ごとに比較すべきだと思いますが、サンプル数が多くないので強引にプールしました。
y軸のCPUEは1時間当たりの漁獲量。
R^2値も0.2477で若干負の相関があるように見えますが、九州での釣行データが値を引っ張っているだけで、シーズンを通してそれほど変化はないように思います。


以前から渇水よりも高水のほうが得意な気がしていたので、試しにこんな解析もしました。
水位
長良川の郡上の釣行を抜き出し、稲成の水位を基準にしてみました。
R^2値からみても相関はほとんどなし
単に高水での釣りが好きだって域のレベルです。


シーズンスタートの時は、解析とかするつもりもなかったので、大した解析はできませんでした。来シーズンはサンプリング方法をもう少し考えて行おうと思います。
例えば、朝、昼、夕ごとの釣果で違いがあるかとか・・・


・・・データオタクとしてはこれも楽しみの一つです。


来シーズンは、長良川をメインに九頭竜で激流遊びができたらと思います。


よいお年を。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 長良川 大内山川

午後から用事があったため午前中だけでも釣りに行かないと

一週間、竿を握らないとオトリ操作の感覚が鈍ることを最近になって実感日々精進ですね。


ってなわけで一時間ちょいで行ける大内山に行ってきました
(カメラを忘れたので写真は無しです)


8月に入り、大内山川もしゃくり、網が解禁になってます。
一ヶ月以上行ってなかったので、ポイントの分かる岩船橋下流に向かいます


川に着いてみると川底がだいぶ変わってます
橋下流は結構いい石が入っているんですが、下流の深トロに続く瀬は以前は右岸に結構良い石が入っていて良いポイントだったのが、砂地になり、流れの変化の少ない二級ポイントに変わってしまっていました


とりあえず、底石の詰まっているポイントを中心に探るが二時間ボース
こんなに釣れない釣りは久々です(笑)

周りもほとんど釣れている人はおらず、竿頭の人でも5匹はいってない感じです

メタブリッドの0.08号で丁寧に泳がせを続けるも、忘れた頃にポツポツ掛かる程度
アタリも弱く、まったく面白くない・・・



11時までやって5匹で終了

魚はいるんですが、追っていない感じで、何かのタイミングで掛かりだすんだと思います。

かなり未消化な釣りになりました。


とりあえず明日は魚のいない海に行ってきます。。。

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 大内山川

二日続けて大内山川
今日もしっかり泳がせの練習をします。

上流域のほうが良く釣れているらしいので、まずは上流の様子を見に行きますが・・・


・・・人多くて良いところなし!

まぁ9時にのんびり来たので仕方ないか

結局、昨日と同じ岩船橋下流に入りました。

午前10時ようやくスタートです
チャラ瀬から探っていくと早速来ました!
P7030106.jpg
余裕の20cmオーバー、良い鮎です

その後もポツポツながら掛かります。

糸を張らず緩めずな感じでオトリをフワフワ泳がせていると掛かります。
魚は沢山見えるんですが縄張りを持っていないのか直ぐには掛かりません。
しかし、いったん追い始めると針に掛かるまでしつこく追ってくる鮎が多かった気がします。


遅めの昼食をとったあとは下流の深トロをやってみます
P7030105.jpg
手前は岩盤で、対岸付近の底には所々良い石が沈んでいたので掛かりそうです

オバセをしっかり取り、丁寧に泳がせると気持ちよく目印が飛びました
P7030102.jpg
あまり人が竿を入れていなかったのかチャラ瀬よりも型が揃います


しかし、このころから少しずつ雲行きが怪しくなり、遠くで雷の音も
安全のためにいったん竿を仕舞いましたが、結局雷は近くには来ず。

なので、釣りを再開しようと思ったら今度は土砂降りになって来ました



仕方なくこれで強制終了。
本当は4時以降から真剣にやろうと思っていただけに不完全燃焼です。。。
P7020099.jpg
釣果も15匹と満足のいく結果ではありませんでした。

梅雨なのになかなかしっかり雨降りませんね
そろそろ各河川も垢腐れがひどくなってきました。長良川は特にひどいようで、長良川は雨が降って川が綺麗になってから行こうと思います。


今週末は、熊野でも行こうかな・・・

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 釣り 大内山川

今日は最近釣れてる?釣り荒れてる?北山川に行こうと思っていたが、見事に寝坊

でも釣りに行かないのはもったいないので一時間で行ける大内山川に変更!

ちょうど最近、泳がせ釣りの練習をしたいと思っていたとこ

のんびり昼食を摂ってから川に到着
DSCN0085.jpg
岩船橋下流右岸からスタートします。


橋下流のトロに入りたかったんですが人がいるのでとりあえず降りて直ぐのチャラ瀬からスタートします
今日は、引き釣りはしないと決めていたので、出来る限り立て竿!

直ぐに一匹目が来ました

それをオトリに上飛ばしをすると気持ちよく目印が吹っ飛びました
あ~これが泳がせ釣りの感じなんかぁ!?

アユ釣り四年目ですが、今までまともに泳がせ釣りをしたことが無かったので、新鮮な体験。
今年は少しでも引き出しを増やしたいです。

しかし、直ぐにアタリがなくなったので上流のトロに移動します
P7020088.jpg
流れの変化のあるところを綺麗にオトリが泳ぐと掛かります。
何となく掛かる気がすると思うと掛かる感じで、自分でオトリが泳いでないと分かっている時にはほとんど掛かりませんでした

それにしても今年の大内山のアユは大きいです!
20オーバーのしかも重量のあるアユが掛かります!
P7020086.jpg

夕方になると回りに人もいなくなり最初にやったチャラ瀬に戻ってみます。

すると急にプチ入れ掛かりになりました!
なかなか水面を割らない重量のあるアユばかりです
P7020092.jpg
底石が茶色くなっているところに入れると次々に掛かってきます!

P7020091.jpg
中にはこんなメタボなアユも(笑)
引き味と泳ぎは結構いいんですが、あんまり美味しそうではないです。
追加放流でもしたんかな?

最後に気持ちよく掛かったので、きりよく終了!
終わってみたら、午後1時から5時間で21匹。
自分の中では満足な釣りが出来ました。少しは上達したかな?

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 釣り 大内山川

| ホーム |


 BLOG TOP 


template and material by webフリー素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。