上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ今日で九州尺鮎ツアーも終了

すでに二尾の尺鮎を仕留めているので、焦りはもうない・・・タギリも薄くなってしまっている


さらにここまで九州に来て4日間、晴天が続いていたが、今日は今にも降りだしそうな雲行き・・・

テンションがあまり上がりません

そして選んだポイントは
P9160267.jpg
深場の荒瀬をキーポイントに選んでみた


前日に使いまわしたオトリを今日も使います

しかし、予想よりもオトリが体力を回復しておらず、思い通りの釣りが展開できない


仕方なく、オモリを付けて誤魔化し誤魔化し釣りを続ける

P9160268.jpg
この流芯に5号玉で強引に沈めてみる

するとグッグッグッと昨日と同様な大鮎らしきアタリ

キタか!?


底を這うように走る大鮎

するとラインが岩に擦れる嫌な感触・・・ヤバッ







プツっ・・・

あっけなく複合メタル0.3号が切れた・・・


そして、待っていたかのように降りだす雨・・・





やめだな。。。


そうして僕の九州尺鮎ツアーは終了しました。

まさか初めての挑戦で尺が獲れるとは思ってもいませんでした。かなり運に助けられたところもあると思います。
正直、まだまだ腕も道具も未熟だったと思います。

球磨川と矢部川で釣ってみて、尺を確実に取れるのは矢部川だと思います。しかし、球磨川の鮎のパワーは矢部川の鮎とは比べ物になりませんでした。
広い川の荒瀬で一気に荒瀬竿を絞り込む、信じられないパワーの鮎が棲む球磨川がやはり「尺鮎の聖地」だと感じました。

次にいつ九州に行けるかは分かりませんが、次は10mいや11mの竿を持って球磨川の瀬で尺鮎を抜ける装備で挑戦したいと思います。


あ~満足した
スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 矢部川

球磨川で尺鮎を仕留めて、意気揚々と矢部川に乗り込む

昼過ぎに予定よりも遅く、矢部川に到着!


まずはオトリ屋さんで情報収集

平均サイズは28前後、数は地元の人で5匹前後らしい

初めての人は、結構ボーズをくらうこともあるとか・・・




教えてもらったポイントに入ったのは既に2時近く

急いで準備し、釣りに取り掛かる


ちなみにこの場所の住所は福岡県八女市黒木町・・・黒木町?


ひょっとしたらと思って検索すると、やはり女優、黒木瞳さんの故郷でした!


っとまぁ小ネタは置いておいて、入ったポイントは
P9150252.jpg
比較的大きめの石の入った段々瀬

川の規模からすると、中部圏でいうと大内山川ぐらいだろうか?
ただ、大石が多く、岩盤も多い。小河川ながらも大鮎を育む環境が整っている。

まずは、対岸のボサ際にオトリを通す・・・


すると開始5秒でキタッー!

ひょっとして天才か!?と思ってしまいました。

しかし、上がってきたのは23cmのチビなんか話と違うぞ・・・


浅いところにはデカイのはおらん!

そう決めて、下流の荒瀬に移動
P9150262.jpg

白波の立つ流芯に3号玉を付けてねじ込む

球磨川に比べたら押しは大したことないので、すんなりと養殖アユでも入る

ポイントが狭いので、あまり引かず一点に留めて反応を待ちます・・・



すると・・・・コンッ!?

あれっ??当たったの!?

試しに竿を立てるとグッグッグッと重い引きこみ


ひょっとしてこれが終盤の大鮎独特のアタリなのか?(聞いた話だけど・・・)

すると突然、糸をギュンギュン言わせながら走り出した

しかし、ここは小河川・・・切られる気がしない!

じっくり引きを楽しんでタモに収まったのは・・・


P9150257.jpg
予想外の大鮎

なんかあっけなく取り込んでしまった・・・

そして、昼食抜きだったのを思い出し、4時には竿をしまう・・・二時間しか釣りしてないやん(笑)

P9150266.jpg
31.0cm,335g

もう満足した

日の高いうちにオトリ屋さんから貰った温泉の入浴券を片手に温泉に向かうのであった・・・



最終日に続く・・・

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 矢部川

| ホーム |


 BLOG TOP 


template and material by webフリー素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。