上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早く納竿しなくては・・・と思っていても忙しくて中々釣りに行けない

決して夏休み遊びすぎたのが原因ではない
何とか時間を見つけてようやく納竿釣行へ


しかし、目が覚めると既に6時・・・やっちまった

でも行くしかないのでのんびり下道で長良川

釣れないことが前提なので、1日養殖アユを循環させることになると思い、矢島オトリで4匹(1000円)購入
途中、新美濃橋から川を覗くと解禁日と勘違いするくらい竿が並んでます

水もかなり澄んでいて、石の色も良さげ・・・釣れているって情報は本当のようです。


しかし、今日は納竿釣行!!
釣ることが目的ではなく、気持ちに区切りをつけるため

混雑を避け郡上に向かいます

DSCN0411.jpg
やっぱりラストは今年一番通った吉田川出会い

右岸河川敷には僕の車一台・・・シーズンの終了を物語っています


DSCN0414.jpg
彼岸花が咲き出すと鮎のシーズンの終わりが近いと言いますが、既に彼岸花の花も散り、河川敷にはススキが・・・

今日はシーズン最後!悔いを残さないように正装(上下ウエット装備)で挑みます


釣りを開始した時には既に10:30・・・激ヌルです(笑)

○ンコが縮こまる水温の中、川に立ち込み釣り開始!
PA120271.jpg
今シーズン一度も裏切らなかったこのポイントで心中する覚悟



開始10分

弱々しいアタリで一匹ゲット!今日イケルんじゃないか??
PA120277.jpg
肌はだいぶお疲れですが・・・

その後も瀬でポツポツ掛かり、12時までに4匹・・・まだまだ郡上も釣れるじゃないか??



昼休憩の後、午後の部スタート

ガンガン瀬でも盛期のようなアタリで掛かります!
PA120279.jpg
盛期のようなヌルヌルの美鮎も掛かりました

でも、盛期のようなパワーはなく、重量感はありますが簡単に抜けます。


シーズン最後の鮎釣りをしっかり堪能し、3時に終了。
PA120287.jpg
合計8匹

この時期にしては予想外に釣れました。

釣れた魚のうち7匹はメスだったので、オスはもう下ってしまったのかもしれません。


そして地味に長良川での自己記録を更新
DSCN0415.jpg
28cmの雌、腹から卵がこぼれ出していました



今年の鮎釣りはこれで終了

今シーズンは鮎釣りを始めてから、自分の中ではもっとも充実していたと思います

また後日、気が向いたら総括でも書こうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 長良川 郡上

郡上2日目】

今日は美並に下り一ノ瀬に向かいます。
しかし、少し朝寝坊したせいで希望のポイントには既に人が
仕方が無いので二ノ瀬の深瀬に入ります
P8050174.jpg
川岸の石には食み跡は結構あるので期待

オトリを送り出し、底に入った瞬間・・・キター
出し掛かり今日は期待が持てるか??

しかし、その後反応がありません
一ノ瀬から二ノ瀬へ続く荒瀬の瀬カタに送り込むと良型ゲット。

狙いは荒瀬か?さらにキツイ所を攻めると・・・




二連続ドンブリ
メタル0.1号では耐えれませんでした

周りを見てもほとんど掛かっていません。
10時頃ラフティングがスタートしたのでポイント移動




一気に大和まで移動しました。
一応、郡上杯の下見のつもりで来たんですが、釣れてる気配はほとんどなし
ウインドパークから下流を一通り見て、八幡に戻ります


途中、道満の瀬が空いていたので試しに入ってみます
P8050175.jpg
もう少し水量が欲しいですね・・・

そして、瀬はまったく反応なし!

下流の深トロで地味に泳がせをして何とか5匹追加


昼休憩で土手から川を見ていると食む鮎の姿は結構見えます。
どの位本当はいるのか?潜って確かめてみます

水深ヒザ下ぐらいの流れ(釣り人が立ち込む辺り)に潜ってみると・・・
P8050184.jpg
結構いるじゃないですか!

P8050179.jpg
しかし、追っている気配は無し

脅かすといったんは散るんですが、直ぐに同じ個体が戻ってきます
縄張りではあるようですがやる気が無いのか群れてばかり・・・


鮎の群れるか、縄張りを持つかは損得で決まると言われてます
群れになって苔をみんなで食べるか、他の鮎を追い払う労力を使ってでもエサ場を一人占めするか、どちらのほうが得なのか?

個体数が少なく、エサの量が十二分にあればこの関係はどうなるのか・・・


今の長良川、朝は瀬で居ついている一番鮎が釣れると直ぐに反応が薄くなります
そして、日が昇ると荒瀬や特に水深のあるトロや深瀬ぐらいでしか掛かかりません
夕方になり、人が減って川が静かになると、また瀬で掛かりだすといった感じを受けました。

なぜか夕方になると海産遡上のチビが多く掛かりだします。なぜ?



P8050203.jpg
釣果の方は、他事ばかりしていて16匹で終了
型も数も出ませんでした


何となく傾向は掴めた気がして、郡上杯少しは健闘できるかと思っていたんですが、大会前日に雨が降って状況が変わるとはこの時思ってもいませんでした・・・

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 長良川 郡上 美並

少し遅くなりましたが8/4の釣行記

常に垢腐れに悩ませている気がする今年の郡上、鮎に磨かれた石とか見当たりません

それでも南紀の川が復活するまでは長良川で修行です


いつもの御漁場で竿を出したのが6:30

朝一番に人より早く竿をだして、いかにいいオトリを取っておけるかが、ここ最近の長良ではキーになる気がします。


今日はガマのメタブリッド0.08を初めて使います!
比重が軽く、フロロ感覚で使えると書いてある通り、確かにしなやかです
比重が軽い分、他の複合メタルに比べると沈みはいまいちですが、瀬の中で止めて泳がす釣りには向いているかもしれません

渇水気味なので、対岸ギリギリやボサ際など竿を出しにくいポイントを中心に探っていくと午前中で12匹

このペースで午後も!といきたかったんですが、徹夜で釣りに来ていたので眠気が・・・
どうせ昼間はあまり釣れないのでお昼ねタイム!夕方に備えます。




しっかり睡眠をとって、午後14時再スタート

P8040170.jpg
みんながあまりやってないだろう思われる荒いところを中心に探ります

すると良型がコンスタントに掛かります

最後の瀬の絞込みのところに大きめのオトリをねじ込むと・・・キター


久々に一気に竿がのされる強烈なアタリ
下竿になってしまったので魚について降り、強引に抜き上げると、ドスンとタモに飛び込んできた重量感
P8040169.jpg
150gの今期最重量、100gのオトリを使ってこのサイズを瀬から強引に抜けるメタブリッド、強度はあります。
(手が大きいほうなので魚が大きく見えないのが残念です

この魚を期にキリがが良かったので、明日も釣りをするので少し早めに終了
P8040172.jpg
合計21匹

半分が特と大で型は結構揃いました

それとここにきて海産遡上のチビがまた掛かるようになってきました
サイズも12cmとか(笑) 
一体いつになったら彼らは釣り人を楽しませてくれるんでしょうか?

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 長良川 郡上

マーゴンの威力恐ろしい・・・

今週末は、本当は熊野川で流されたいな~なんて考えていたんですが、超大型台風により熊野川は氾濫
川の水位は堤防を越え、床上浸水の被害も多数出た模様・・・エライことになった
これにより熊野川は一ヶ月は釣りができないかもしれない。北山川ならもう少し早く回復するだろうが、ダムの放水次第であろう・・・ってかアユは大丈夫だろうか??


そんなこんなで、今週の予定は変更して、台風の被害がほとんどなかった長良川

美並はまだ少し水位が高く、芯の垢は飛んでいるところが多く八幡まで行くことに。

朝一は、瀬の芯脇から狙っていくとポツポツ掛かりはするんですが、海産遡上のチビも混じります(やっぱり釣り荒れて大型がだいぶ抜かれてしまっているんだと思います)

それでも、日が差してくると瀬のキツイところでいいアユが掛かってきます!
P7230155(1).jpg
こういう追星マッ黄色のアユは大好きです

一時まで17匹釣ったところで睡魔が・・・

ほぼ徹夜で釣りに来ていたのもあり、少し車で仮眠することに。。。

この日は結構涼しかったので気持ちよく寝れ、よう寝たわ~と時計を見ると










4時・・・完全に寝すぎた

急いで準備をし、ロスを取り戻すため頑張ります


しかし、ま~この日は人の多いこと四時なのに人の帰る気配はなく、空いているのはキツイ瀬のみ

基本瀬釣りが好きなので一目散にそこに向かいます

下流側に人がいるので、下って取り込むことはできないので、キープ力のある8.5号の三本チラシに変更!


瀬の芯にねじ込むといきなり目印が吹っ飛ぶこれがアユ釣りやわ~

竿を立てると案外すぐに浮くと思ったら、あ~ダンゴになってるわ

上流に返し抜き、タモに落としてみると、


あれっ???3匹いるぞ?
P7230153(1).jpg
まさかのダブルヒット

チラシ針を使うとたまにあるとは聞いていたが、天然遡上の多い川ではなく、長良川で経験することになるとは(笑)

まさかの初体験もあり、少し残業して27匹で終了
P7230158(1).jpg


明日も釣りをするので、明日のオトリ分の除いて残りを出荷して、川原で車中泊

DSCN0129.jpg
高カロリー、ジャンクフードとビールで乾杯

川のせせらぎを聞きながら飲むビールは最高です

途中から暗くて顔もよく見えなかったが、ボーズ頭でコワモテのおじさんと釣り談義
今日の釣果から今シーズンの状況、昔の長良川について、冷水病の対策、今後のアユ釣りの展開など熱い議論をして、有意義の時間をすごした。

9時過ぎにはよった勢いで就寝し、明日に備える・・・

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 郡上 長良川

三連休初日、今日は実家からの出発なので家で朝食をとりのんびり出発
もちろん行き先は長良川

水位も落ち、苔もだいぶ付きだした様で状態としては良さそう

中央も釣れだしたようで、途中美濃橋にも結構人が入ってました(やっぱ三連休・・・人多そう


下流から順に見に行って、空いてるところで竿を出すことに

すると美並のとあるポイントが空いています(人が少ない)
ここは過去に良い思いをしたことがあったので、今シーズン初めて竿を出してみます。



しかし、これが完全な失敗でした

苔の付きはまだ薄く、さらに昨年よりも砂で埋まって底がだいぶフラットになってしまっていました。

そりゃ~人が少ないわけですね

ここで、一匹釣るも一匹根掛かりでロスト午前中は0匹です・・・



こりゃアカンってことで八幡まで移動

みんなが昼食で川から上がっている隙にスタートです

午前中、人がやった後でもポツポツ掛かります。
芯はまだ苔の付きは薄そうです

しかし、この日は身切れが多発

鮎の皮がまだ柔らかいのに鮎のサイズが大きいので直ぐに身切れします。
P7160137.jpg


途中、8.5号の三本チラシに変えてみると背鰭の下を右から左に貫通する最高の背掛かりなどもあったんですが、底石の大きい長良川では石裏の巻き返しでエビになりやすくしっくりきません。

結局、忍7.5号に落ち着きはしたんですが、1日ハリに悩まされました


P7160140.jpg
結果は午後から14匹と何とかツ抜けは出来たものの午前中のミスが痛かったです

ついつい慣れている川だからということで、川見を怠ったのがいけませんでした

サイズは今回はチビはほとんど混じらず18~22cmが中心でした

どうやら台風6号が上陸しそうなので、その前にもう1回行きたいと思います。

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 釣り 郡上 長良川

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


template and material by webフリー素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。