上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9/23~25は高知県の仁淀川に鮎釣りに行ったんですが、やはり台風で川の濁りが取れておらず釣りは断念

そのため、鰹のタタキや皿鉢料理などを堪能して、予定よりも早く25日の昼に三重に帰宅。

ちょうどサークルでハゼ釣りに行くらしく、高知から帰ってきてそのまま急遽参戦!



よく考えたら三重に来てから一度もハゼ釣りはしたことがない(笑)

さらに記憶を辿ると小学校以来でした。

つまり10数年ぶりのハゼ釣り・・・懐かしいな~



仕掛けは渓流用の5.3mの延べ竿(硬硬調)に中通しオモリの一本針

たぶん小学校の頃に教わった仕掛けそのままです


1投ごとにアタリがあるものの食いが余りよくなくスカも多い

それでもコンスタントに釣れます


途中から先輩Pさんが対抗意識むき出しで釣り始めたので、連られてマジメ釣ってしまう(笑)

なんやかんや2時間ほど真剣に釣って終了!


数は数えませんでしたが、50ぐらいだったかな?





かなり久々のハゼ釣りでしたが、今考えると釣りの要素が詰まった奥の深い釣りだと思います。

釣りの原点に返った気がしました


次は何年後に行くことになるのだろうか・・・
スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 釣り

少し車で移動して、某ダム湖のインレットに入る。
DSCN0270.jpg
勝負は発電放水が始まってからとのこと
放水の水に混じってワカサギが流れてくるため、それを狙ってデカニジ、ブラウンがインレットに集まってくるという情報だ・・・

ブラウンのほうが多いとの事なので、ルアーをサイズアップし、シュガーミノードリフトトゥイッチャー70Sを選択。
本当はワカサギカラー・・・といきたいが、普段長良川でサツキマスを狙っている僕のタックルボックスには鮎カラーしかないのである

放水が始まる前に一通りポイントを探ってみる。


所々に大石、倒木が沈んでいるため魚が付くストラクチャーは多い

大石のキワを通した際に押さえ込むようなアタリがあったが乗せ切れない

順々に釣り下り、ルアーが着水し、ワントゥイッチ入れた瞬間、銀色の魚影がルアーを引っ手繰った

「キタッ

アワセと同時に1mほど飛び跳ねたのは、グッドサイズのレインボー!
流れがさほどきつくないので、好き勝手にジャンプし、走りまくる魚。


二年前・・・

ちょうど同じ時期に一人で北海道釣りに来ていた
十勝川の支流で目測60オーバーのレッドバンドをヒットし、タモ入れ寸前でバラシタ・・・

あの時の記憶がフラッシュバックする


しかし、フロントフックががっちり掛かった魚を見た瞬間、獲れることを確信!

慎重に寄せ・・・ネットイン!・・・ヨシっ!獲った
DSCN0262.jpg
ギリギリ50upのレインボー
DSCN0263.jpg
二年前にバラシたあの魚には遠く及ばないが、嬉しい1尾



そして、いよいよ本番の放水が始まった

少し水量が上がり、死んだワカサギが流れてきた


・・・ついに捕食タイムかっ




しかし・・・チーン何も起きず(笑)
そううまくはいかないな。。。



昼食はニンニクたっぷりのカレーでチャージ!


午後からは下流に移動し、川に入る
DSCN0285.jpg
快晴で暑いぐらい

飽きない程度に小ニジが遊んでくれる
DSCN0276.jpg
ヒットルアーはアレキサンドラ50ヘビーシンキング

流れの押しが強い北海道の川にはこのルアーはピッタリ

DSCN0280.jpg
後輩も速い流れに苦戦しながらも40upのレインボーゲット


北海道初日としては大満足の1日になりました。

そして、初日にして弾丸がほとんど尽きた後輩のために帯広市街の釣具屋に向かう


ここで明日、行く予定であったアメマス河川が今年は水が少なく、まだ海から群れがほとんど入っていないとの情報が入り、急遽目的地を釧路川に変更

疲れた体にムチ打って、弟子屈の道の駅に何とか到着
DSCN0286.jpg
今宵のビールはサッポロファイブスター
プレミアム生ビールって生ビールと何が違うの?

味は美味しかったですが、個人的にはクラッシックのほうが好きです。

疲れた体にビールが滲みる・・・

そして、明日に備えて車で眠りに就いた・・・


2日目に続く・・・

テーマ : ルアーフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

tag : 北海道 トラウト 釣り

ようやく帰ってきました。

8/25~9/2の長期遠征(実釣6日間)今回で三回目になります。

今回は、大学の後輩BBを連れて二人での釣行となりました。後輩はトラウトの経験はほとんどないので、彼に釣らせることもプランナーとしての大きな役割果たして釣れるのか??


また、今回は新日本海フェリーを用いた船旅で、ヴィーナストラベルが提供しているツアーを用いました。

車輸送賃込みの二人で5万円

かなり格安で行くことが出来ました。


さらに、客室を二等から一等にグレードアップして(一人5000円追加)、オーセントホテル小樽の一泊付き

時間はあるけどお金のない学生にはおススメです!





8/25

深夜に敦賀港に到着

出船は26日午前1:30・・・ここから苫小牧東港まで約22時間の船旅になります。
DSCN0188.jpg
毎度、同じ船を利用しているので、感動が薄れてしまうのが悲しい

もう手続きも手馴れたもので、ささっと終了


車をフェリーに積み込み、いざ北海道の地へ

P1010102.jpg
景色を見ながらゆったり出来るプロムナード

P1010114.jpg
夏の日本海はベタ凪で快適の船旅

22時間というと長く感じるかもしれませんが、寝たり、風呂に入ったり、本読んだり・・・あっという間に苫小牧に到着

26日夜8:30に到着なので、深夜のうちに目的地に移動し、翌日から釣りが出来るので無駄は少ない


DSCN0203.jpg
船から下りるまでのこの待ち時間が最もワクワクする

苫小牧から帯広まで深夜のうちに大移動

気温は山間部に入ると15℃寒すぎる・・・
くそ熱い中部地方の生活からこの環境にいきなり身をおくと風邪引きそうです


そして、十勝川の支流のポイントに到着し、日の出までしばしの仮眠・・・


いよいよ明日から釣りが始まる・・・

テーマ : ルアーフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

tag : 北海道 トラウト 釣り

三連休初日、今日は実家からの出発なので家で朝食をとりのんびり出発
もちろん行き先は長良川

水位も落ち、苔もだいぶ付きだした様で状態としては良さそう

中央も釣れだしたようで、途中美濃橋にも結構人が入ってました(やっぱ三連休・・・人多そう


下流から順に見に行って、空いてるところで竿を出すことに

すると美並のとあるポイントが空いています(人が少ない)
ここは過去に良い思いをしたことがあったので、今シーズン初めて竿を出してみます。



しかし、これが完全な失敗でした

苔の付きはまだ薄く、さらに昨年よりも砂で埋まって底がだいぶフラットになってしまっていました。

そりゃ~人が少ないわけですね

ここで、一匹釣るも一匹根掛かりでロスト午前中は0匹です・・・



こりゃアカンってことで八幡まで移動

みんなが昼食で川から上がっている隙にスタートです

午前中、人がやった後でもポツポツ掛かります。
芯はまだ苔の付きは薄そうです

しかし、この日は身切れが多発

鮎の皮がまだ柔らかいのに鮎のサイズが大きいので直ぐに身切れします。
P7160137.jpg


途中、8.5号の三本チラシに変えてみると背鰭の下を右から左に貫通する最高の背掛かりなどもあったんですが、底石の大きい長良川では石裏の巻き返しでエビになりやすくしっくりきません。

結局、忍7.5号に落ち着きはしたんですが、1日ハリに悩まされました


P7160140.jpg
結果は午後から14匹と何とかツ抜けは出来たものの午前中のミスが痛かったです

ついつい慣れている川だからということで、川見を怠ったのがいけませんでした

サイズは今回はチビはほとんど混じらず18~22cmが中心でした

どうやら台風6号が上陸しそうなので、その前にもう1回行きたいと思います。

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 釣り 郡上 長良川

待望の出水があった郡上に迷わず釣行

この水位だと八幡から上流でしか竿は出せないと考え、前日竿が入ってないと思われる八幡に決定

P7100127.jpg
今日も前回と同じ、お気に入りの御漁場にしました。

まず、前回好反応のあったポイントに迷わず直行

対岸ギリギリを狙って立ち込みます。
アカはちょうど良いぐらい飛んでいて、だいぶ川は良くなっています。

期待が高まります


少し、流れが緩む箇所にオトリを留めて反応を待ちます・・・


キター


20cmほどのナイスサイズ・・・でも顔掛かり

まぁ朝なんで追いが弱いのはしょうがないか

その後もコンスタントに掛かります

良型が多く、次第に追いも良くなり背掛かりが多くなってきました(身切れも多かった)
P7100130.jpg
郡上らしい良い鮎です


午後からも同様にやりますが、サイズダウンし始めました

さすがに日曜日、何度も何度も人が探った後なので仕方ないか・・・

でも、昨年の郡上釣り返しが効かなかったので、それに比べたらかなり良いです

また、チャラにも鮎が走る姿が結構見えるようになってきました


今まで何処にいたん?

気持ちよく釣りを続け、夕方高切れしたのでそこで終了しました
P7100129.jpg
35匹で今期最高釣果に大満足

解禁から仕掛けを変えていなかったので、そろそろ仕掛けを盛期のものに変えようかな

梅雨も明けたので、いよいよ鮎も本番、楽しみですね~

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 郡上 長良川 鮎釣り 釣り

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


template and material by webフリー素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。