上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7/28(土)


急に決めた九頭竜釣行!

道具も全く準備できていません(汗)


前夜に急いで九頭竜用の太仕掛けを作りますメタコンポ0.2号があったのでとりあえず仕掛けを作り、長良川で終盤に使用している錨針、チラシな何とかします。

河原でキャンプも視野に入れて、テントや寝袋など一式車に積み込み、ほとんど寝る時間もなくあわただしく出発!


途中、九頭竜の年券に写真が必要だったことを思い出し、コンビニで証明写真を撮る。

鯖江に入った辺りで、強烈な睡魔に襲われながらも何とか森石釣り具店で年券とオトリを購入し、いざ川へ

RIMG0267.jpg
坂東島左岸からスタート!

期待していたほど水がなかったので、メガトルクで様子見。。。


しかし、なかなか掛からない・・・

周りもあまり掛かっていないので、朝は活性が低い様子




そして、埋め込みorz

早くもオトリが一匹に・・・やばいぞ~


ちょっとビビり気味に流れの緩いところで一匹獲りにいくと待望のアタリ!

強烈なアタリで目印吹っ飛び、タモに飛び込んできたのは20オーバーの良型


しかし、脳天に針が刺さり即死・・・


ヘロヘロになったオトリにオモリをつけて何とか泳がすともう一本!


今度は、内臓飛び出し出血死・・・

オトリは虫の息で変色し始める・・・


時刻は9時前・・・詰んだ





そして、アユ釣りを始めて、初めてオトリのお代わり(涙)


RIMG0275.jpg
ポイントを大きく移動。鳴鹿堰堤下流(幼稚園前)

とりあえず、オトリの確保(汗)

魚は小さいらしいが、数は出るらしい・・
RIMG0271.jpg
話と違う(笑)追星バンバン、良型鮎が飛び出します!



しかし、最初の三匹以降はビリ、ビリ、ビリ・・・

数は釣れども、オトリになるギリギリサイズ


(こんな釣りするために九頭竜来たの?)





午後3時前

思い切ってポイント移動!
RIMG0283.jpg
飯島でラスト勝負!

竿を硬派荒瀬抜きに持ち替え、


男なら玉付けて瀬を引き倒せ!!


三号玉を常着し、足りない時はさらに追加。

残っているオトリを使い切る覚悟で容赦なく荒瀬にオトリを放り込む

RIMG0284.jpg
前アタリから目印が吹っ飛び、良型が宙を舞う

掛かったら一歩も下がらず、その場でぶち抜く(九頭竜返しモドキ)


入れ掛かりとはいかないが、ポツポツ良型が竿を絞り込んでくれます

三時間ほどで十数匹
RIMG0291.jpg


やっぱオモリで瀬釣り・・・最高に楽しい


去年は背針の釣りをメインにしていたが、今年はオモリの練習を中心にやろう!

そして、九頭竜返しをマスターしたい(笑)


当初は、次の日も・・・って考えていましたが、予想以上に疲れたのと仕掛けが不十分だったこともあり、1日で帰ることに。

次に来るときは万全の態勢で来ます!


(年券買っちゃったし・・・)




ってなわけで、僕のアユ釣りはようやく本格スタートになります!
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

tag : 九頭竜川 鮎釣り

今年も残すところ1日

今年の鮎釣りの総括でもして、1年を締めくくろうと思います。

表

上記の表のような感じです。
30日行けたと思っていたんですが、1日足りず・・・

目標としていた500匹にも届きませんでした。

川ごとに見ていくと、1日あたりの漁獲量でみていくとやはり長良川(郡上)でした。しかし、CPUE(Catch Per Unit Effort)で見ると大内山がトップになります。

別に大内山川が得意というわけではなく、釣れる時期にしか行かなかったところが大きく、小河川+渇水が苦手だと実感したのもこの川でした。


長良川(郡上)

今年は一番通いました。
特に今年はいろいろなポイントに入るのではなく、比較的同じポイントで色々なことを試すことが多かったです。
今年は遡上もあまり多いとは言えず、また郡上の種苗の質が悪いのか、稚魚放流の鮎はデップリとした鮎が多く、あまり引かなかった印象が大きかったです。
また、オモリを使った引き釣りでは、なかなか釣果に結びつかず、糸を張らず緩めずのゼロオバセでの釣りで、一点にしばらく止めておくとよく掛かりました。
しかし、条件が合った時には美並で海産遡上と思われる綺麗な鮎がかかる時もありました。

長良川ぐらいの大河川になるといくら放流したところで、やはり遡上頼りなところが大きく、来シーズンは遡上数が増えることを願うばかりです。


板取川

ジャパンカップの予選で一度竿を出しただけなのでよくわかりません。



大内山川

家から近いこともあり、初期に何度か通いました。
解禁の頃は、静岡産の種苗の性格がモロにでていたのか、日が昇り水温が上がってくると狂ったように瀬で追いました。
しかし、やはり小河川は性に合わず、渇水になってからは行かなくなりました。
たぶん来年は行かないと思います。


球磨川

今年の鮎釣りで最も記憶に残った釣行でした。
球磨川は今年は鮎が少なく、地元のベテランでも2ケタ釣れるかという状況で、遠征の人たちはボーズくらう人も沢山いました。
魚は本州の鮎とは別物で、3号ハリスが飛ばされたり、衝撃の連続でした。
1瀬1人でのんびり釣りができるポイントも多く、本来の鮎釣りの楽しさを味わうことが出来ました。
憧れの「龍花の瀬」で尺鮎が獲れたのは、一生の思い出です。
時間を見つけて、もう一度チャレンジしたいと思います。


矢部川

フツーの小河川で釣れる魚は尺!そんな川です。
9mの竿で十分で、とりあえず尺が釣りたいならこっちの川のほうが確立は高いと思います。




釣果解析
漁獲量
本当は河川ごとに比較すべきだと思いますが、サンプル数が多くないので強引にプールしました。
y軸のCPUEは1時間当たりの漁獲量。
R^2値も0.2477で若干負の相関があるように見えますが、九州での釣行データが値を引っ張っているだけで、シーズンを通してそれほど変化はないように思います。


以前から渇水よりも高水のほうが得意な気がしていたので、試しにこんな解析もしました。
水位
長良川の郡上の釣行を抜き出し、稲成の水位を基準にしてみました。
R^2値からみても相関はほとんどなし
単に高水での釣りが好きだって域のレベルです。


シーズンスタートの時は、解析とかするつもりもなかったので、大した解析はできませんでした。来シーズンはサンプリング方法をもう少し考えて行おうと思います。
例えば、朝、昼、夕ごとの釣果で違いがあるかとか・・・


・・・データオタクとしてはこれも楽しみの一つです。


来シーズンは、長良川をメインに九頭竜で激流遊びができたらと思います。


よいお年を。

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 長良川 大内山川

鮎タビなんて消耗品!

そんな気持ちで、安物を毎年買い替えしてました

しかし、今シーズンは釣具屋でダイワの営業さんに熱烈な売り込みに負けて買ってしまいました・・・
DSCN0825.jpg
スペシャルタビ:定価¥19,000

あれっ??こんなに高かったっけΣ( ̄ロ ̄lll)

性能は値段相応!軽くてとても履き心地はよかった

しかし、釣行20日目を待たずにフェルトが磨り減り殉職・・・

流石に捨てるのは勿体無くて、こんなのを利用しました↓
DSCN0823.jpg
¥6000⇒¥3000・・・これはデカイ!
もうキャンペーン終わってしまいましたが・・・

シーズンが終わった10月に修理に出した時は二週間で出来ると言われていたのに


修理が終わったのは2ヶ月後(笑)
よっぽど好評だったんですね!

そして、見違えるようなフェルトになって帰ってきました!
DSCN0820.jpg
センサーソールの凹凸も復活!そりゃ新しいフェルトだし・・・

しかし、一部補修も必要
DSCN0822.jpg
もうすぐ切れる・・・
暇な時に裁縫道具の出番ですね!

これで来シーズンはタビを買う必要はなさそう。
忘れないうちに今年の鮎の道具を整理して、リストアップしておかないと、安売りで無駄に買ってしまいそうだ

・・・半年後の出番に備えて(笑)

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り

早く納竿しなくては・・・と思っていても忙しくて中々釣りに行けない

決して夏休み遊びすぎたのが原因ではない
何とか時間を見つけてようやく納竿釣行へ


しかし、目が覚めると既に6時・・・やっちまった

でも行くしかないのでのんびり下道で長良川

釣れないことが前提なので、1日養殖アユを循環させることになると思い、矢島オトリで4匹(1000円)購入
途中、新美濃橋から川を覗くと解禁日と勘違いするくらい竿が並んでます

水もかなり澄んでいて、石の色も良さげ・・・釣れているって情報は本当のようです。


しかし、今日は納竿釣行!!
釣ることが目的ではなく、気持ちに区切りをつけるため

混雑を避け郡上に向かいます

DSCN0411.jpg
やっぱりラストは今年一番通った吉田川出会い

右岸河川敷には僕の車一台・・・シーズンの終了を物語っています


DSCN0414.jpg
彼岸花が咲き出すと鮎のシーズンの終わりが近いと言いますが、既に彼岸花の花も散り、河川敷にはススキが・・・

今日はシーズン最後!悔いを残さないように正装(上下ウエット装備)で挑みます


釣りを開始した時には既に10:30・・・激ヌルです(笑)

○ンコが縮こまる水温の中、川に立ち込み釣り開始!
PA120271.jpg
今シーズン一度も裏切らなかったこのポイントで心中する覚悟



開始10分

弱々しいアタリで一匹ゲット!今日イケルんじゃないか??
PA120277.jpg
肌はだいぶお疲れですが・・・

その後も瀬でポツポツ掛かり、12時までに4匹・・・まだまだ郡上も釣れるじゃないか??



昼休憩の後、午後の部スタート

ガンガン瀬でも盛期のようなアタリで掛かります!
PA120279.jpg
盛期のようなヌルヌルの美鮎も掛かりました

でも、盛期のようなパワーはなく、重量感はありますが簡単に抜けます。


シーズン最後の鮎釣りをしっかり堪能し、3時に終了。
PA120287.jpg
合計8匹

この時期にしては予想外に釣れました。

釣れた魚のうち7匹はメスだったので、オスはもう下ってしまったのかもしれません。


そして地味に長良川での自己記録を更新
DSCN0415.jpg
28cmの雌、腹から卵がこぼれ出していました



今年の鮎釣りはこれで終了

今シーズンは鮎釣りを始めてから、自分の中ではもっとも充実していたと思います

また後日、気が向いたら総括でも書こうと思います。

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 長良川 郡上

いよいよ今日で九州尺鮎ツアーも終了

すでに二尾の尺鮎を仕留めているので、焦りはもうない・・・タギリも薄くなってしまっている


さらにここまで九州に来て4日間、晴天が続いていたが、今日は今にも降りだしそうな雲行き・・・

テンションがあまり上がりません

そして選んだポイントは
P9160267.jpg
深場の荒瀬をキーポイントに選んでみた


前日に使いまわしたオトリを今日も使います

しかし、予想よりもオトリが体力を回復しておらず、思い通りの釣りが展開できない


仕方なく、オモリを付けて誤魔化し誤魔化し釣りを続ける

P9160268.jpg
この流芯に5号玉で強引に沈めてみる

するとグッグッグッと昨日と同様な大鮎らしきアタリ

キタか!?


底を這うように走る大鮎

するとラインが岩に擦れる嫌な感触・・・ヤバッ







プツっ・・・

あっけなく複合メタル0.3号が切れた・・・


そして、待っていたかのように降りだす雨・・・





やめだな。。。


そうして僕の九州尺鮎ツアーは終了しました。

まさか初めての挑戦で尺が獲れるとは思ってもいませんでした。かなり運に助けられたところもあると思います。
正直、まだまだ腕も道具も未熟だったと思います。

球磨川と矢部川で釣ってみて、尺を確実に取れるのは矢部川だと思います。しかし、球磨川の鮎のパワーは矢部川の鮎とは比べ物になりませんでした。
広い川の荒瀬で一気に荒瀬竿を絞り込む、信じられないパワーの鮎が棲む球磨川がやはり「尺鮎の聖地」だと感じました。

次にいつ九州に行けるかは分かりませんが、次は10mいや11mの竿を持って球磨川の瀬で尺鮎を抜ける装備で挑戦したいと思います。


あ~満足した

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 矢部川

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


template and material by webフリー素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。