上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月5日(日)

鮎シーズン真っ盛りではあるが海へ


昨年から釣りを始めたという釣りガールよりお誘いを受けて人生二度目の


今回は、古和浦のまるよし渡船さんにお世話になりました!

彼女は、これまで5~6回ほどに行ったものの、まだチヌを釣ったことがないらしい。
だから今日こそは釣りたいと意気込んでいる

かといってワタクシも25cmほどのチヌを一匹釣ったことがあるだけ・・・大丈夫か今日の釣り


場所は渡船屋さんにお任せして、天神

湾奥のわりには水深が深い。潮は・・・まったく流れていない(笑)


餌取りが湧くと厄介なので、今回はオキアミ抜きのダンゴにしてみる(二回目だしテキトーでいっか。。。)


餌取りはサンバソウの赤ちゃん(15cm)


コーンでも平気で食ってくる
RIMG0305.jpg
朝のベストタイムはあっさり終了


さ~やばい雰囲気が出てきたぞ(笑)

さらに天気も安定せず、雨が降ったり止んだり・・・

彼女が雨宿りをしている間、なんか釣れそうな気がしたので、丁寧にダンゴを打ち続ける。


すると理想的なタイミングでダンゴが割られ、抑え込むアタリ



キタっ!!


竿を叩く引きはチヌ(だと思う・・・)


そして、上がってきたのは40オーバー

しかし、釣れるとは思ってもいなかったので、タモの準備すらしていないかといってタモを作ってと言ってもわからないだろうし・・・

ふと視界に入った手洗い用のバケツ・・・



バシャっ!

バケツ入れ成功(笑)

RIMG0307.jpg
43cm


その後、正午、2時頃に同サイズを2匹バケツ入れ成功






この空気はマズイ・・・なんか一人で楽しんでしまっている

ここからサポートにて徹する

しかし、大してアドバイス出来ることもなく、

「ダンゴの硬さが重要や!割れた直後に集中!今日はコーンがアタリや!あとは釣れる時は、釣れそうな雰囲気がある!

こんな適当なことしか言えない



「だけどその釣れそうな雰囲気がわからな・・・釣ったことないし


御もっともですorz


しかし、努力むなしく納竿時間。。。やっちまったな~



「やっぱり腕の違いだね。。。でも、諦めない!今年中には釣る!」


安心しました。釣るまで付き合います!
スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag :

少し遅くなりましたが、五島列島釣行記



11日夜

三重を出発して目指すは長崎県平戸・・・片道約900kmってとこか。

今回のメンバーは、ケーブさん、シャア、アキモト、ロリ、マーシーと自分の六人


テンション高めに出発したが、岡山に入ったあたりから雪が降り始める・・・




ヤバない!?

宮島SAで一旦休憩するが雪が積もってます
DSCN0930.jpg
牡丹雪で降り出すと一気に積もるぞこれ

この先の高速状況を確認すると
DSCN0929.jpg
なんとか山陽道は現段階は大丈夫そう

今回の遠征に来れなかった後輩カバ丸(雨男)の呪いか・・・


しかし、この先は雪も止み、無事に九州入りし、まずは「まるきん」で釣具・エサの調達をしてあじか
DSCN0932.jpg
出船は当初12時だったが、2時に変更に

五島に行くのは僕らのメンバーのみらしい・・・

そして、あじかの女将さんから今からでも男女に変更しても大丈夫だから男女に行かないか?とやたら勧められる・・・


今思えば、これは神様が与えてくれた最後の救いの手だったのかもしれない

この後、まさかの展開になるとは思いもしなかった・・・


当初は五島用の船「SEA WING]」だったが、男女便と一緒に行くことになり、船が変更
DSCN0933.jpg
BLACK KAISER

まさかこの船に乗るとはいい記念になる(笑)

荒れるをものともせず、モンスターエンジンを積んだ船は疾走する
RIMG0177.jpg
写真は波の落ちている時

約1時間半船に揺られようやく磯に到着

RIMG0183.jpg

船を見送り、一体どこに上げられたのかGPSで確認すると
gotou.jpg
中五島のようだ

上五島に上がりたかったようだが、荒れていたため中五島になったようだ(今回は完全にプランに乗っかっただけなのでチンプンカンプン)

そして、磯は・・・
gotou2.jpg
なんて磯?

釣りが終わってから分かったことだが、この磯の名前は・・・











椛島(かばしま)!?

まさか約1000キロ彼方の三重からカバ丸の力が・・・


どうやらそのかばしまの「大小瀬」というところになるようだ

なんとも因縁のある名前の島だとは、この時誰も分からずタギル

そして、一通りポイントを確認する

みやっち師匠から勝負は夜!と教わっていたので夜釣りがしやすそうなポイントをチェック!
RIMG0185.jpg
この足元なんか良さそうだな・・・

まぁのポイントは良く分からんのでここを釣り座に決め
RIMG0189.jpg
乾杯

夜に備えて体力温存・・・完全に勘違いしてるが(笑)



餌だけ解凍して、まったりしていると後方で静かにタモ入れする人が・・・
RIMG0191.jpg
開始早々、余裕の年無しを仕留めるケーブさん

話によると、尾長用に持ってきた4号遠投竿を準備している時に竿先ポキン


見事なアゲサゲ(笑)

夕暮れにランガンしていたアキモトが興奮して、戻ってきたと思うと


「目測70オーバーぐらいの真鯛にミノー(サスケ)を破壊された」とか

この時は彼の呪いとは知らず、一同興奮するのみ



僕はというと、晩飯までに少し餌を撒いた程度(笑)勝負は夜!

そして、待ちに待った晩飯
RIMG0194.jpg
磯鍋

満ちた~

普段ならここで満足して、寝てしまうとこだが、今日は違う!早速夜釣り開始


二ヒロで電気ウキがズゴーン


のはずがピクリともしない

竿一本まで際を探ってみるがエサすら取られない・・・

際じゃない? なら沖か?

チョイ投げして沖を探ると・・・
RIMG0195.jpg
良型アジorz

11時まで粘るがこの状況は変化せず・・・

状況の変化を信じ、少し仮眠して深夜2時頃再開するが沈黙する五島の・・・


夜フカセ・・・トラウマになりそう

そして無情にも朝を迎える

フカセ組、誰一人グレの姿を見ず、朝一に瀬変わり決定!


7時に船が来ると上がりが早まり10時に変更(汗)

まさかのラスト3時間・・・ボーズで終わるの??



そして、二人ずつに分かれ、僕はケーブさんと同じ磯に
gotou1.jpg
かばしまからの脱出

gotou3.jpg
この小さな離れ磯で心中することに


エサを撒くとチラホラ魚の姿が

生命感溢れる磯に興奮今朝まではなんだったの??

まず、際を探ってみるが、なんか違う・・・



ここは流すしかないやろ


足元から沖に向かって払い出す流れに仕掛けを乗せるが、流れが早くてエサが浮いてしまう


きれいに流すには糸を細くする!

渓流釣りの鉄則(ここはだけどね)。とりあえず2.5号を1.5号に変更

さらにオモリを三段に分けて打ち、足元でしっかり餌を馴染ませてから流れに乗せる


40mぐらい流すと


パラパラパラ・・・パリ


上がってきたのはベラ(笑)しかし、仕掛けはしっかり底に届いているようなので、少しオモリを軽くして再び流す




パラパラパラ・・・・バリバリバリ!!

これが俗にいうバリったってやつですか

強烈にしなる竿、ドラグが出る(レバーブレーキなど付いていないのでドラグでファイトするしかない)


流れに乗ってなかなか寄ってこない魚を時間をかけてランディング(最後足元で突っ込まれたときには少し焦った

RIMG0198.jpg
45ぐらいの初尾長

なんとかボーズを脱する
RIMG0199.jpg
こんな感じで釣れました。


実は、足元で撒いたボイルがこんな沖まで効いているかのずっと疑問に思っていましたが、家に帰って腹を見るとしっかりボイルが入ってました。

フカセの疑心が一つ晴れました


魚が居る事がわかったので、ハリスを2.5号に戻し、同様に流す



するとまたバリった

しかし、最初の突っ込みでブレイクとてもドラグでは対応できなかった


そこで少し緩めにドラグを調整し、同様にまた流すと・・・




またバリった

何ども突っ込まれるが、それを耐え、ジワジワ寄せるがまたブレイク

今度は歯で切られたようだ



この釣り面白れ~

しかし、世間は残酷


調子が上がってきたところで回収の船が・・・

後ろ髪を引かれる思いで磯を後にする




これで五島遠征は終了。

厳しい遠征になりましたが、最後の最後で少し楽しませてもらえたのが救いです。



4月からのない県に行く自分には少しは遠いものになってしまうが、五島の釣りなら時間をかけてでもやりたいと思えました。


今回の卒業釣行のプランニングをしたくれたシャア、ありがとう。

一緒に行ったみんな、釣果は厳しかったけどいい思い出になりました。


今回の敗戦を糧にリベンジに行ってもらいたい。


でもやっぱ釣りたかったな~

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag :

納竿したとか言いながらやっぱり行きました(笑)

今年やっていないことを思い出し、やっぱり行っとかないかんな~っと。


12/23

朝から研究で渓流に向かう
PC230347.jpg
雪降ってる・・・(ここは一応、津です・・・)

寒さにやられ、若干風邪を引いた感がある中、夕方から忘年会で名古屋へ

くしゃみが止まらない


12/24 午前2時半

風邪は若干回復したももの、二日酔いで頭痛がする中、後輩シャア、F川、マーシーとともに磯釣り

行きの車内でも頭痛は治まらず、夢の中へ・・・

気づくと現地に到着(申し訳ない


体調に不安がある中、山を登る・・・ちょいと不安だなぁ

ポイントに着いたころには、汗もかき気分も楽になった。そして、迎えてくれる絶景と日の出
PC240348.jpg
最高やな・・・
すでに大分満足


今日は、一日釣りができるようにフカセとショアジギタックルを持ってきた。

朝一はルアーからということで、凍ったオキアミをタイドプールにぶち込みタックルの準備

まずはトップからやろとポップクイーンをセット

十数投するも穏やかな海から反応はナシ


(ちょっと休憩しようかな・・・)


防寒具に身をかため、磯のベッドスペースに横になる


(最高に気持ええわ・・・







心地よい眠りから目が覚めると、時計の針が半周してるではないか(爆)

六時間ほど寝てしまった

そして、後輩が準備してくれた磯バーベキューを食べる


(なんか今日は至れり尽くせりやな・・・)



飯も食べ終わり、グダグダしていたが一つ問題が・・・

すでに完全解凍でタイドプールで出番を待つオキアミブロック3kg

時刻はすでに14時近く・・・


二時間で撒くか!

いつもの三倍のペースでオキアミを撒きながら釣り開始


しかし、アタルのはカワハギのアタリのみ・・・

一度もウキが消しこむことなく、二時間できっちり3kgを撒き終え終了。。。
PC240349.jpg
日が沈むなぁ・・・

釣り竿を握っていた時間よりも、磯の上で横になっていた時間のほうが長いという激ヌルフィッシングで今年最後の釣りを締めてしまいました(笑)

それでも何故かかなり満足

来年も良い釣りが出来ますように・・・

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 磯釣り ショアジギ

またしばらく更新が滞ってしまいました(汗

忙しいってのもありますが、釣り熱が冷めてしまったのか、それほど釣りに行きたい衝動に駆られません・・・

夏の鮎で燃え尽きた感があります


それでも納竿釣行には行ってきました!

珍しく磯釣りです(昔は良く行ってたんだけどな~


今回は、サークルのみんなで御座の西井渡船さんにお世話になりました。



本職の釣りではないのでサラッといきます(笑)

PC100321(1).jpg
底まで見えるやん!
タレックスのレンズなら底砂の形まで見える・・・

予想外の浅場に呆然


とりあえず1.5号のハリスにBのウキで3ヒロでスタート!

モゾモゾ動くウキ・・・フグですね

今日は終わったかな~っと思いました


しかし、潮が右から左に流れ出したらウキが馴染むとズギューン!
PC100326(1).jpg
15~25の木っ端が入れ食い!

PC100324(1).jpg
グッドサイズのカワハギもGET!

しかし、あっという間に潮が動かなくなり、池と化した海からはアタリもなくなる・・・

打つ手もなく、コマセを撒く時間が続く・・・
PC100323(1).jpg
沖の離れにはいい潮目がずっと出来てました。魚も釣れてました

結局、いくら待っても潮は動かず、少し昼寝して終了



PC100327(1).jpg
後輩かば丸もスケスケの海に苦戦

それでも上手な人はしっかり釣ってましたいや~難しいわ



一応、今年はこれで納竿にします・・・修論がヤバくて・・・


でも意思が弱いから誘われたら行ってしまうかも(笑)

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

tag : 磯釣り

土曜日夜、天気予報を見ていると釣れそうな波予測・・・

先輩Pさんに連絡すると、後輩のシャアと明日行くとのことなので御一緒させてもらうことに
(しかし、所用がありPさんは離脱・・・この時、完全に釣れるフラグが立ちました笑)

前日の強風のせいか道路は落ち葉で覆われ、道をふさぐ折れた木の幹・・・
それを車から降りていちいち撤去しながら進む

後から先輩ケーブさんとダーニシも偶然合流し、一緒に行くことに。

しかし、無常にも磯はババ荒れ

ただ磯に座り込むしかない四人・・・今日の釣りは終ったかもと思いました・・・




明るくなって、とりあえずタックルを準備し、安全なところでやってみます

念には念を入れてウエットを履いてきたのでゴロタの中央に向かいます。
波のタイミングを見つつキャストしますが、思うような釣りが出来ません。

しばらくすると鳥が騒ぎ出し、沖からメジロの群れが入ってきてナブラタイム突入!

いたる所でメジロがベイトを追っかけまわしています!
早速、オシペンにヒット!!

サイズもよく、さらに海が荒れているのでかなり引きます♪
ドラグフルロックで主導権を渡さないように強引にファイト

寄せ波に乗せて、足元まで誘導→尾っぽを掴んでハンドランディング→陸に放り投げるの繰り返し

八本釣ったところでいったん休憩
(この間もナブラは続いています)
PB200300.jpg
まるで池の鯉のように水面で口を開けながら泳ぎ回るメジロ

しかし、どんなルアーでも食い付くわけではなく、ベイト(トウゴロイワシ)に近いシルエットの細いルアーに反応が良かったです。

ジグでやっていた後輩はよくアタルとのこと(ジグを持っていかなかったことを少し後悔)

その後も疲れたら休憩をしながら各々楽しむ
みんな二桁近く釣って、大満足で終了。
PB200305.jpg
磯に転がるメジロの山・・・かなりの数をリリースしました。

PB200314.jpg
これぐらいがアベレージサイズ

中にはブリに近いサイズも混じってました
海が荒れていたせいか取り込みが困難で、スレ掛かりでルアーを持っていかれたり、根で切られたりと皆、大量にルアーとフックを消費してました(笑
そのためしばらくはお休みかな!?
(Pさんには感謝、感謝)

翌日後輩たちが出撃し、また爆釣・・・しばらくは釣れるかもしれません。

満足したし、食料も十分確保できたのでしばらくはマジメに勉強することにします。。。

テーマ : ルアーフィッシング - ジャンル : 趣味・実用

tag : ショアジギ

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


template and material by webフリー素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。