FC2ブログ
P8110213.jpg
今回も参加賞の帽子のみ頂いて帰ってきました(笑)

話は戻り、大会前夜・・・・


家で長良川の水位(稲成)をチェックするとかなり水位が上がっている

「これは大会中止になるんじゃないか?」そんな気がして漁協のHPを見ると、吉田川が増水して水位が上がったが、大会会場は問題なく予定通り行うとの事・・・


この時は、水位が上がり期待が持てるんじゃないかと思っていたんですが、いざ現場に着いてみると川はかなり濁ってます

ササ濁りという情報でしたが・・・人によってはこれをササ濁りというんですかね(笑)



とりあえず、未体験の濁りで一気に戦意喪失普段、川の状態が悪いと感じたら行かないので、濁った状態の川での釣りなんて経験ありません・・・


そして、クジは上流側下見をしたのは下流川で上流は川すら見たことがありません。

クジも引き運悪く、後半組なので既に諦めモード


オトリを貰って川を見ながら上流にテクテク歩きますが、底石はほとんど見えず、ポイントの検討もつきません
何となく神社を越えたあたりで川に入りました
P8070208.jpg
上流はユルイ腰位の水深の瀬でした(川を渡って初めて水深が分かりました

P8070206.jpg
下流は荒瀬になっていきます

予定ではユルイ瀬でいいオトリを取って、下流の荒瀬で勝負でしたが・・・


開始30分で12cmぼどのビリ2つ・・・オトリに使えない

良いのが掛かるも水中バレ・・・



終了30分前まで反応無しorz

ダメもとで3号オモリを付けて荒瀬にねじ込むと二連発

そして、親子ドンブリで終了



どうやら少しづつ水が澄んでくると、荒瀬で結構掛かっていたようです
オモリで瀬を引くと掛かったようです(森岡名人、メガトルクでガンガン掛けてたようです)


反省の余地すらないです。ポイントを知らなさすぎでした

本部で振舞われた鮎雑炊がとても美味しかった大会でした




そして、午後からは残業

八幡に入り、メタル0.15号、忍8号で魚が掛かってもその場でぶち抜く、ごつい仕掛けで瀬を引きまくりました




高水+濁り+人少なし=サラ場だらけ

四時間ほどやりましたが、魚の溜まっているポイントでは良型入れ掛かり

強引なやり取りなので身切れも多数

最終的に21匹残りました(30以上は掛けたんですが・・・)
P8070210.jpg


高水からの引き際なら郡上でも楽しい釣りが出来ます

次はそんなタイミングを狙って行きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 長良川 大会

<< 8/13 釣れない大内山 | ホーム | 8/5 郡上2日目 潜って分かること >>

コメント:

無念

こんにちは。
郡上鮎杯は納得のいかない結果となり残念でしたね。橋の上流部はもともと
型は良いが数がでない感じの場所なので数争いでは?不利。

しかし、橋の下流部では「村田軍団」が強いですね。おそらく釣れるポイント
を知っていますね。

JFTで勝った村田名人の釣った場所と今大会4位の浅川のヨメが釣った場所は
たぶん、一緒のポイントのような気がします。

今後のため、かっぱくんもしらべて見ようと思いますが。
来年はガンバッテください。

Re: 無念

本当にポイントを知っているかどうかを実感した大会でした。

浅川さんの嫁さん?は予選のとき僕の少し上流で釣ってました。周りではダントツの竿頭でした。一箇所のポイントでまとめ釣りされていたので、腕もさることながら川を良く知っているのだと感じました。

来年に備えて、少し大和周辺も調査しないといけないですね。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by webフリー素材集IFD