FC2ブログ
尺鮎釣るために球磨川

津を17時に出発し、逸る気持ちが押さえきれずにノンストップの壇ノ浦SAに到着!ここで約600km
残り約300kmで球磨川に到着する。

いったん給油をして球磨川に到着したのは朝7時
DSCN0194.jpg


少し休憩してから「くま川おとり鮎店」に到着!


おとり屋のオヤジさんに初めて球磨川に来たと伝えると、

「お前の車乗れるか?」と聞かれる。直接ポイントを案内してやる言われた。


こんな親切なおとり屋さんは初めてです

そして、川辺川との合流点付近のポイントを2,3教えてもらいました。


オトリは養殖大(23~24cm)を三本で挑みます!

球磨川用のゴツイ仕掛けを引っぱるためには大きなオトリは必須


<今回の球磨川仕掛け>

天井糸 ナイロン3号
水中糸 北越 尺鮎 0.3号
付け糸 なし
中ハリス フロロ2号
ハリス フロロ2号 3号(ここがフロロであったことが後々大失敗)
針   ドン10号 激流長良9号10号

あまり複雑にしないほうがいいと考え、付け糸をなしにし、中ハリスを長めにとりました。
メタルも5~6mと長めにして、球磨川の深くて押しの強い流れに対応できるようにする


最初に入ったポイントは川辺川合流点の上流
P9120223.jpg
いきなり瀬にオモリ3号付けて挑戦

しかし、まったく沈まず

普段使わない大仕掛け、大きなオトリ・・・どの程度のオモリを付ければ流れに合うのか検討がつきません

そこで流芯を外し、流れの脇を引くとガンッと衝撃が・・・

フロロ2号が飛ばされてます

これじゃダメだということで三号に変更

同様に流すと一気に竿を絞り込む強烈なアタリ

引きに耐えながら慎重に寄せる・・・

よく考えたら寄せて取り込みなんて、今までほとんどやったことがないことに気がついた(笑)
そして恐ろしくヘタ

一度、基本に帰って練習しないといけないと痛感

P9120224.jpg
記念すべき最初の魚は27cm
他の川の鮎とはパワーが違います

しかし、その後一切アタリなし・・・


運転の疲労からか、アスファルトの上で横になって寝てしまう

午後3時に再開し、下流の瀬を攻めると強烈な引きで下らされる
P9120225.jpg
あとで測ったら29cm

こいつをオトリに引きまくったんですが、釣れない釣れない・・・

結局、6時まで粘って24cmほどの鮎を追加し、1日目はたったの4匹で終了


難しい・・・

おとり屋さんで状況を聞くと、上手な人で二桁、多くの人は5匹前後、ボーズの人も普通にいるみたい・・・

この日、尺は上がっていないようだ


予想以上に厳しい球磨川
はたして釣れるのだろうか・・・

疲れを癒すために夜は人吉温泉に
DSCN0193.jpg
200円で入れるのがとても有難い

そして、疲れていたので夜9時には車で寝てしまったのであった・・・


2日目に続く・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 球磨川

<< 9/13 尺鮎求めて・・・球磨川釣行 2日目 | ホーム | 9/1 北海道釣行 最終日 千歳川 >>

コメント:

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by webフリー素材集IFD