FC2ブログ
この日は早朝から友釣り銀座「川辺川合流点」に向かう

正面のトロ~瀬カタにはすでに二名竿を出している

DSCN0195.jpg
下流は三波迫の瀬

とても養殖オトリでは太刀打ちできないと思いパス

なんか球磨川に来てから弱気になってる・・・いつも長良川ならとりあえず突っ込んでみるかって気持ちになるのだが・・・


DSCN0196.jpg
川辺川との合流点には左岸にアタル良い瀬があったので、天然鮎を取ったらそちらに向かう
とりあえず正面の岩盤瀬~深トロで竿を出してみる

P9130226.jpg
白波の中に5号玉をつけて沈めようと試みるがあっけなく流される
それならばともう一つ追加し、5号玉二連結でようやく底にオトリが入った

しかし、釣れない・・・


結局、深瀬まで下って何とか一匹捕獲
P9130232.jpg
25cm・・・ちっさいなぁ


その後、釣り人がどんどん増えてきて身動きができなくなってしまう
さすが友釣り銀座と言われるだけはある。

ゆったりと釣りがしたかったのでポイント移動


P9130233.jpg
川辺川下流に到着

澄み切った水、なんか落ち着くな・・・

しかし、掛かったのは21cmのチビ(笑)
迷わず引き舟へ・・・こんなのはオトリにならん!

そしてポイント移動


戦の瀬の下流、九州自動車道のピンヤ下流

右岸の深みから尺が出るというので、とりあえず対岸まで泳いでみる

泳ぎついた先は岩盤底に巨岩が点々と入った深瀬・・・すぐ根掛かりしそう
予想通り、一発で根掛かり(笑)

すぐさま竿をしまって、泳いで対岸に戻る


左岸の深瀬でやたら元気なのが掛かる
P9130237.jpg
体高は申し分なし!でも25cm・・・ちっさ


この辺りから感覚がおかしくなってくる

・荒瀬竿が重く感じなくなってくる
・25cmの鮎が当たり前、いや小さく感じる
・9号の激流長良が小さく感じて10号しか使わなくなる
・2号のオモリが鼻糞に見えてくる(5号しか使わなくなる)
・やたら川原に座り込んで川を眺める時間が長くなる




結局、この日はまさかの三匹で終了。。。


今夜の旅館は「国民宿舎 くまがわ荘」

一泊2食で7500円 その割には料理のクオリティーはかなり高かくて大満足

泊まっているお客さんはほぼ全員鮎師(笑)しかもその半数以上はシルバー世代・・・

郡上鮎Tシャツを着ていたおかげで、すれ違う度に話しかけられ、一人旅でも話しに事欠くことはなかった。

そして、部屋でひたすらシコシコ仕掛け作り

あっという間に2日目が終っていくのであった。。。



3日目に続く・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 鮎釣り 球磨川

<< 9/14 尺鮎求めて・・・球磨川釣行 3日目 | ホーム | 9/12 尺鮎求めて・・・球磨川釣行 1日目 >>

コメント:

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by webフリー素材集IFD