上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9/23~25は高知県の仁淀川に鮎釣りに行ったんですが、やはり台風で川の濁りが取れておらず釣りは断念

そのため、鰹のタタキや皿鉢料理などを堪能して、予定よりも早く25日の昼に三重に帰宅。

ちょうどサークルでハゼ釣りに行くらしく、高知から帰ってきてそのまま急遽参戦!



よく考えたら三重に来てから一度もハゼ釣りはしたことがない(笑)

さらに記憶を辿ると小学校以来でした。

つまり10数年ぶりのハゼ釣り・・・懐かしいな~



仕掛けは渓流用の5.3mの延べ竿(硬硬調)に中通しオモリの一本針

たぶん小学校の頃に教わった仕掛けそのままです


1投ごとにアタリがあるものの食いが余りよくなくスカも多い

それでもコンスタントに釣れます


途中から先輩Pさんが対抗意識むき出しで釣り始めたので、連られてマジメ釣ってしまう(笑)

なんやかんや2時間ほど真剣に釣って終了!


数は数えませんでしたが、50ぐらいだったかな?





かなり久々のハゼ釣りでしたが、今考えると釣りの要素が詰まった奥の深い釣りだと思います。

釣りの原点に返った気がしました


次は何年後に行くことになるのだろうか・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 釣り

<< 9/27 渓流シーズンラスト | ホーム | 9/16 尺鮎求めて・・・最終日 >>

コメント:

rateoくんは釣りが上手いねぇ。
お遊びのつもりが思わず本気になってしまったではないか…

ハゼ釣りは単純な釣りのように思えて、数を伸ばすためには色々と工夫が必要で奥が深い?釣りですね。

まぁ、1年に1回ぐらいはやっときましょうに。

Re: タイトルなし

>おぱたさん

最初は遊びのつもりだったんですが、途中から少し本気になってしまいました(笑)

おぱたさんの天秤でのクイックアワセ・・・新しい発見でした。
次は真面目に数釣り勝負をしましょう!

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by webフリー素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。