上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
郡上の稲成の水位を見ると水位が上がってる

水が増えるといてもたってもいられない迷わず郡上鮎釣り
水の高さから美並はまだちょっと早いと思い、郡上八幡へ
P7060117(1).jpg
ここが本日の御漁場(有名どころなので分かる人は写真見れば一発だと思います)


やっぱり水位が少し高いので人も少なめ
まぁ垢腐れで釣れないって情報が流れているのもあるとは思いますが・・・

期待していた出水によるコケの飛びはほとんどなし!相変わらずツルツルで青ノロも所々生えてます


まずは瀬カタから乱0.06でハリは忍7号
忍は昨年からのお気に入りでキープ力がいいのはもちろんなんですが、長良型なので針先が痛みにくいので経済的にも


朝一、いきなり20cmほどのマッ黄色の鮎が掛かります
長良の鮎もだいぶ成長してます!


今日は結構いけるんじゃないか?と思ったんですが・・・・




午前中で4匹

こりゃヤバイぞ


午後からは深く立ち込んで対岸ギリギリのボサ付近などを攻めるとこれが的中!

良型が掛かりだします。
P7060118(1).jpg
写真のボサ付近は特に反応が良かったです。

しかし、オトリを沈めたらすぐ掛かるわけではなく、しばらく待っていると掛かる感じです。

引いてる最中に掛かることは少なく、糸を張らず緩めずな感じの時(これがゼロオバセって言うんですかね?)よく掛かりました。

しかし、今日は水中バレ3回、空中でポロリが2回とハリが合っていないのかバレが非常に多かったです
P7060121(1).jpg
今日はテンポ悪く思いのほか数は伸びず19匹で終了。やっぱり午前中の遅れが響きました

しかし、掛かった鮎は大(100g)~ビリとサイズも様々
この時期にこのサイズが掛かりだすとお盆過ぎには25オーバーも掛かるかも
さらに小さいサイズもいることから終盤まで鮎釣りが楽しめるかもしれません。

少し期待が持てた郡上釣行でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用

tag : 郡上 長良川 鮎釣り 釣り

<< 7/10 サラ場を狙え!満足の郡上釣行 | ホーム | 7/3 泳がせ修行 in 大内山川 Day2 >>

コメント:

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by webフリー素材集IFD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。